2019年9月25日(水) | by 柏陵ウェブ編集部 コメントする

 柏原高校柏陵同窓会東海支部の2019年度総会が8日、名古屋市内のホテルで開かれ、約80人が出席した。畑宏則前支部長が退任し、新支部長に柳瀬国広氏(昭和48年卒、岡崎市)の就任を決めた。同氏は「我支部の総会には本部や他の支部から大勢の同窓会員が来ていただいて、ここまで続いていきた。これからもご支援をよろしくお願いします」と挨拶した。
 アトラクションで、生田流筝曲「三っ音会」が令和にちなんで、元和元年(1615年)、初代尾張藩主、徳川義直公に嫁いできた春姫の花嫁行列を再現したオリジナル曲「元和の春」などを演奏。和気あいあいと交流を深めた。

(丹波新聞)

コメントをどうぞ


CAPTCHA